ラズパイでスクラッチ3を使ってLチカする

ScracthLEDプログラムラズパイ

ラズパイでスクラッチ3を使ってLチカする方法です。

前提

・Raspberry pi 4B  2GB
・接続はVNC
・スクラッチのインストール(以下を参照)

スクラッチ3への拡張機能の追加

スクラッチからラズパイのGPIOを制御するために、拡張機能を有効にします。

スクラッチを起動し、拡張ボタンを押下します。

advance

拡張ボタンからRaspberry Pi GPIOを選択します。

raspberry pi GPIO

選択すると、トップ画面のメニューにRaspberry Pi GPIOが追加されます。

GPIO

スクラッチ3への拡張機能の追加はここまでです。

Lチカの準備

以下を参考に結線まで実行します。

結線が完了したら、スクラッチで以下のようなプログラムを作成します。

「イベント」⇒「🏴が押されたとき」

「制御」⇒「10回繰り返す」

「Raspberry Pi GPIO」⇒「set GPIO 18(0を18に変更)to output high」

「制御」⇒「1秒待つ」

「Raspberry Pi GPIO」⇒「set GPIO 18(0を18に変更)to output low」

「制御」⇒「1秒待つ」

ScracthLEDプログラム

プログラムを解説すると、

最初のブロック「🏴が押されたとき」はスタートの合図です。

その次のブロック「10回繰り返す」はブロックの中を10回繰り返して実行します。

では、繰り返すブロックの中を見てみると、

まずは「set GPIO 18 to output high」ですが、これはGPIOの18番ピンをhigh(電圧をかける)状態にします。

その次に「1秒待つ」ことで電圧をかけた状態を1秒保持します。

そしてその次に「set GPIO 18 to output low」でGPIOの18番ピンをlow(電圧をかけていない)状態にします。

そのまま「1秒待つ」で1秒待ちます。

これで準備ができました!

Lチカの実行

🏴マークを押して実行します。

実行後は以下のようになります。

ラズパイでスクラッチ3を使ってLチカした様子

コメント

タイトルとURLをコピーしました