Nature Remo APIを使ってpythonで部屋の温度・湿度・明るさを取得する

自宅IoT

NatureRemoを愛用していますが,APIを使用して部屋の温度,湿度をモニタリングできるので家のラズパイから取得してみました。

前提

NatureRemo第二世代

Python3

アクセストークン取得

NatureRemoAPIのページからアクセストークンを取得します。

Nature
Nature

登録したメールアドレスにログイン通知が来ます。

アクセスを許可します。

ここからトークンを取得します。

これを流出させると家の家電を操作し放題になるので取扱注意です。

インストール

Pythonのライブラリを作成いただいているのでそれをありがたく使用します。

# pip install -U nature-remo

使い方

Pythonモジュールから以下のように使用します。

抜粋です。

#APIモジュールのインポート
from remo import NatureRemoAPI
#token指定
api = NatureRemoAPI(‘your toke’)
#デバイスの指定
devices = api.get_devices()
#値の取得
 te = devices[2].newest_events['te'].val
 hu = devices[2].newest_events['hu'].val
 il = devices[2].newest_events['il'].val

取得した値を何かに格納したり,スプレッドシートに記録したりします。

参考

以下を参考にしました。

Nature Remo を Python から操作する - Qiita
はじめに Nature Remo のデバイスは、APIを通じて操作することが可能です。最近 Nature Remo の第3世代を入手したため、これをプログラムやコマンドラインから操作したいと思い、Python 向けにライブラリを...

コメント

タイトルとURLをコピーしました